ケアでは清潔に保つのがポイントになる

ケアでは清潔に保つのがポイントになる

自分の体臭が年齢が40歳を越えてから気になり始めた私の体験談です。自分が体臭が濃いかどうかわからないというあなたもご覧ください。
40代を越えたあたりから自分の体臭が気になるようになりました。

 

ワキガを治す方法

 

普段はさほどでもないのですが、特に焼き肉などを食べた翌日は汗などの臭いが強くなりついついシャツの首のあたりの臭いを自分で嗅いでしまいます。
それが夏場などの汗をよく季節になると、汗そのものがねっとりするような感じになるのでとても不快に感じていました。

 

いろいろ調べてみると、柿渋の入ってる石鹸が臭いには良いみたいなので、使ってみる事にしました。
するとこれがなかなか私に合ったようで良い感じです。
自分でしか臭わないのであくまでも自覚的な事なのですが、間違いなく体臭が減ってる気がします。

 

すこしの汗ぐらいでは自分の体臭が全く気にならなくなりました。
これは良い。と思い、柿渋の入ったサプリも購入する事にしてみました。
石鹸を使いサプリを暫く飲み続けていると、さすがにこれは消えないだろう、と思っていた枕カバーの臭いまでほとんど気にならないくらいになりました。

 

今までは、スプレー式の消臭剤を使用して臭いを消していたのにもうその必要もありません。
半信半疑で始めたけれど、良いものに出会う事ができました。

 

体臭を消すには色々な方法がありますが、臭いを他の匂いで消す方法は、あくまでも一時的に行う手段にするのが理想です。
例えば、体臭の原因を改善しないで、デオドラントスプレーなどをかけるだけだと、強い体臭の場合余計気になる臭いになってしまいます。

 

ベストな方法は、体臭の原因から改善することが大切なので、脇や足、身体全体など気になる部分を中心に毎日のケアが大切です。
ワキガの場合には、脇にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺から出る汗が臭いの原因になるので、清潔に保つことや汗の抑制などのケアがポイントです。
エクリン汗腺は、脇だけではなく足やデリケートゾーンなどにも多くあるので、そこから出た汗をエサにする雑菌が繁殖しやすくなります。

 

体臭を消すには、雑菌の繁殖も抑制する必要があるので、体臭ケアアイテムを選ぶ時には、殺菌作用や抗菌作用、消臭作用、制汗作用などがある商品を選ぶのがおすすめです。
また、肌の乾燥が原因でも乾燥臭が発生するので、保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸なども配合されていると最適です。

 

一つの商品に、全ての成分が配合されているとコストが高い場合があるので、予算に合わせて目的別に商品を揃えるのも良い方法です。
例えば、殺菌作用の石鹸を使用して、消臭や制汗作用、保湿効果などがあるクリームを使うなど、振り分けて安い商品を購入して、継続し易くするのが一番です。


ホーム RSS購読 サイトマップ